松果体のう胞性腫瘍

------------------------------

アメーバブログ脳神経外科0426

タイトル

松果体のう胞性腫瘍

テーマ

機能性頭痛である典型的な

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

------------------------------

------------------------------

お仕事のお忙しい中、大変申し訳ありませんが、ご相談させてください。

37歳女性です。

昨年の秋ごろに頭痛と眩暈があり、診察をうけていました。

その時は、6月後に再度検査をしましょうと言われ、

本日、を行い、松果体部に1位の丸い物がありました。

医師から悪性ではないでしょう、のう胞性腫瘍でしょうと言われました。

6月前より大きさは変わらず、激しい頭痛もなく、上方注視もないので、

このまま、1年後に検査をしましょうと言われました。

本日の診察の時は、話さなかったのですが、

半年前と比べ瞼がだんだんと下がって来おり、

光が眩しくてどうしても目を凝らしてしまいます。

また、視力が遠近感の調整がつきにくい時がありますが、これは、症状でしょうか。

それとも、眼科通院が良いのでしょうか。

のう胞性腫瘍とは、良性の腫瘍ですか。

今後、変化することはありますか。

どのような物なのかお教えいただきたく相談させて頂きました。

お忙しい中、本当に申し訳ありませんが、どうぞ、よろしくお願いします。

2005年3月24日13時7分50秒

------------------------------

ご心配なことと存じます。

御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

御相談者の御相談者の御相談の御記載内容からは

2つも問題点があると思われます。

1偶然に見つかった松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst

のこと。

2頭痛系の症状症候の御診断治療戦略

が立てられていないこと。

で御座います。

昨年の秋ごろに頭痛と眩暈があり、診察をうけていました。

との事です。

典型的な緊張型頭痛或いは緊張型及びその複合病態

でいらっしゃいます。

下記順を追って御回答致します。

お仕事のお忙しい中、大変申し訳ありませんが、

ご相談させてください。

37歳女性です。

昨年の秋ごろに頭痛と眩暈があり、診察をうけていました。

その時は、6月後に再度検査をしましょうと言われ、

本日、を行い、松果体部に1位の丸い物がありました。

医師から悪性ではないでしょう、のう胞性腫瘍でしょうと言われました。

6月前より大きさは変わらず、激しい頭痛もなく、

上方注視もないので、このまま、1年後に検査をしましょうと

言われました。

本日の診察の時は、話さなかったのですが、

半年前と比べ瞼がだんだんと下がって来おり、

光が眩しくてどうしても目を凝らしてしまいます。

また、視力が遠近感の調整がつきにくい時がありますが、

これは、症状でしょうか。

それとも、眼科通院が良いのでしょうか。

のう胞性腫瘍とは、良性の腫瘍ですか。

今後、変化することはありますか。

どのような物なのかお教えいただきたく相談させて頂きました。

お忙しい中、本当に申し訳ありませんが、

どうぞ、よろしくお願いします。

との事です。

まず2及び3で松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst

について簡単にご説明致します。

4にて御相談者の頭痛系の症状症候について御回答致します。

松果体しょうかたいpinealbodyは

外耳道から5上方で1後方の大脳中心部にある

5くらいの小豆くらいの大きさの正常構造物です。

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcystは

通常の解剖で20-40のかたに存在する正常構造物で

脳では2-5の頻度で偶然発見されます。

松果体しょうかたいpinealbodyには

松果体細胞腫と松果体芽腫

と呼称される松果体しょうかたいpinealbody実質細胞由来

の脳腫瘍は発生致します。

けれども脳神経外科専門医の脳腫瘍学からは

松果体のう胞性腫瘍松果体嚢胞性腫瘍という

実名をもつ脳腫瘍は御座いません。

お受けもちの先生は

松果体しょうかたいpinealbodyの

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcystのことを

おっしゃっているものと思われますが。

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcystは

脳腫瘍ではありませんから。

良性も悪性もありません。

すべからく良性で御座います。

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst自体

が正常構造物なので23くらいの

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcystは

どなたももたれていると今の私は考えます。

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst自体が

症状症候を出す場合は3種類御座います。

因みにこれは

教科書的にはこうなるはずだというものであり。

現実的には実体に乏しいものです。

背側中脳機能不全による凝視麻痺Parinaudsyndromeパリノー症候群

中脳水道圧迫による水頭症による頭蓋内圧亢進による

慢性頭蓋内圧亢進の3徴候。

頭痛悪心嘔吐鬱血乳頭うっけつにゅとうの存在。

急性水頭症発作acuteattack

これらは教科書的にこうなるはずだという

ものであり。

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst自体は

2以下のものは完全無症候性で御座います。

だから御相談者が松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst

の御心配をする必要は無く

適切な表現が思い浮かばないのですが

お受けもちの先生の

その時は、6月後に再度検査をしましょうと言われ、

本日、を行い、松果体部に1位の丸い物がありました。

医師から悪性ではないでしょう、のう胞性腫瘍でしょうと言われました。

とのお話しも一度お忘れいただけますか。

勿論御相談者が

昨年の秋ごろに頭痛と眩暈があり、診察をうけていました。

との症状症候は当然のことながら

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst

の症状症候では御座いません。

もうひとつの問題点は御相談者の頭痛系の症状症候

の御診断がつけられておらず放置されているということ

です。

御相談者の御相談の御記載内容からは

昨年の秋ごろに頭痛と眩暈があり、診察をうけていました。略

半年前と比べ瞼がだんだんと下がって来おり、

光が眩しくてどうしても目を凝らしてしまいます。

また、視力が遠近感の調整がつきにくい時がありますが、

これは、症状でしょうか。

との事です。

御相談者の御相談の御記載内容からは

典型的な緊張型頭痛或いは緊張型及びその複合病態

で御座います。

機頭痛系の疾患で機能性頭痛には

緊張型頭痛片頭痛群発頭痛等があります。

機能性頭痛といわれる頭痛の一群は各の

機能性頭痛の成分がよく混じり合います。

機能性頭痛とは中枢神経系の器質的疾患脳腫瘍や脳血管障害等

に起因する症候性頭痛でない場合の頭痛を呼称いたします。

2月67月、9月11月に症状が悪化発症

febjunefallcrisisすることが多いです。

目に来ます。ふわふわ感くらくら感できます。

正診断率の大変低い頭痛系の症状症候で御座います。

10

治療法ですが筋肉を柔らかくする即効性持続性のお薬を内服や

外用薬も用いて場合により神経ブロックを施行いたします。

11

ただし星状神経ブロックは効果が全くありません。

12

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態は

耳鼻科疾患自律神経失調症メニエル症候群更年期障害

頚椎の疾患うつ状態うつ病心療内科の疾患等ととよく間違えられます。

13

しっかりと治されるためには頭痛系の疾患がお得意な

脳神経外科専門医の先生を御受診されると宜しいと

今の私は考えます。

5結論

御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

御相談者の御相談者の御相談の御記載内容からは

2つも問題点があると思われます。

1偶然に見つかった松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst

のこと。

2頭痛系の症状症候の御診断治療戦略

が立てられていないこと。

で御座います。

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcyst及び

御相談者がそもそも脳神経外科専門医先生を御受診される

きっかけとなった症状症候でいらっしゃる

昨年の秋ごろに頭痛と眩暈があり、診察をうけていました。

の症状症候は。

機能性頭痛である典型的な

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

の症状症候で御座います。

松果体嚢胞しょうかたいのうほうpinealcystに関しては

気にされる必要性は皆無であること。

そして昨年の秋ごろに頭痛と眩暈があり、診察をうけていました。

の症状症候を

しっかりと治されるためには頭痛系の疾患がお得意な

脳神経外科専門医の先生を御受診されると宜しいと今の私は考えます。

但し脳神経外科専門医の先生の中にも

頭痛系の疾患が苦手な先生のいらっしゃいます。

このことは何卒覚えておかれて下さいませ。

機能性頭痛で折角脳神経外科専門医先生を御受診

されたのに脳の画像診断に振り回されてお可愛そうです。

本日の診察の時は、話さなかったのですが、

半年前と比べ瞼がだんだんと下がって来おり、

光が眩しくてどうしても目を凝らしてしまいます。

また、視力が遠近感の調整がつきにくい時がありますが、

これは、症状でしょうか。

それとも、眼科通院が良いのでしょうか。

との事です。

眼科専門医先生の病態では御座いません。

10

一刻も早い御相談者の症状症候の寛解の得られること

一刻も早い症状症候のご回復を心より御祈り申し上げます。

上記あくまでもご参考にまでお留めおき

ご無事にお大事にされて下さいませ。

何卒にお大事にされてお健やかにされてくださいませ。

------------------------------

アメーバブログ脳神経外科0426

タイトル

松果体のう胞性腫瘍

テーマ

機能性頭痛である典型的な

緊張型頭痛或は緊張型及び緊張型に伴う複合病態

------------------------------